4月から放送のオリジナルTVアニメ『正解するカド』、1月24日(火)深夜より長尺新PV第1弾(2分30秒)のテレビ特別放送が決定!

2017年4月放送開始、東映アニメーション初のCGアニメーションによるオリジナルTVシリーズ『正解するカド』。本作の新PV第1弾が、1月24日(火)深夜、TOKYO MXにてテレビ特別放送される事が決定!

 

2分30秒という長尺の新PVがテレビ放送されるという異例の公開形式となり、本PV内にて新しい本編アニメ映像&出演キャストが解禁予定です!

 


本PVは、実写(1分)×アニメ(1分30秒)で構成された特殊PVとして制作。アニメパートは、真道幸路朗(しんどうこうじろう)やヤハクイザシュニナといったメインキャラクターたちだけでなく、謎の巨大立方体「カド」を始めとする本作を彩る様々な要素が詰め込まれ、物語の魅力が凝縮されたものになっています!

 

実写パートは「”正解するカド”の作品世界に生きる人々」というテーマの元、アニメの主演キャストが出演したifストーリーのコンセプトトレーラーとなり、「正解するカド」の宣伝プロデューサー・株式会社アニプレックスの高橋祐馬 氏が実写初監督を務めました。

 

 

★TVアニメ「正解するカド」新PV第1弾 テレビ特別放送概要

 

放送局:TOKYO MX

放送日時:1月24日(火) 23時27分30秒~23時30分

 

実写とCGアニメで作り上げるPVということで、どのような表現や演出がされるのか、期待が高まりますね。キーワードである「正解」も気になります!

ミステリアスなイケメンや美少女たちのフルCGアニメということで、にーてんご!は全力で応援していきます!


 

 

 

★イントロダクション

世界の終わりと始まり。人類は「正解」できるのか。
全ては、想像を絶するファーストコンタクトから始まった。
突如出現した謎の存在「カド」。異常事態に翻弄される日本政府。そして世界の行方は、ひとりの交渉官(ネゴシエーター)に委ねられる——。

 

『正解するカド』プロジェクトにはさまざまな才能が集結している。総監督はスタジオジブリ出身で『翠星のガルガンティア』監督の村田和也。シリーズディレクタには『コードギアス 亡国のアキト』演出の渡辺正樹。華のあるキャラクターデザインは、マンガ『ヴァニシング・スターライト』(原作/Sound Horizon)などで人気を集める有坂あこ。

 

そして『カド』の作品世界を構築したのは、脚本を担当した小説家・野﨑まど。野﨑は、小説『2』『know』などで知られる、次世代を担う注目のエンターテインメント作家だ。制作は『楽園追放 -Expelled from Paradise-』など新たな企画に挑戦し続ける東映アニメーションが担当する。

 

謎の果てに待つ「正解」とは何なのか。そこには誰も見たことがない「未来」が刻まれている。

 

 

★ストーリー

 

真道幸路朗(しんどう・こうじろう)は、外務省に勤務する凄腕の交渉官。
羽田空港で真道が乗った旅客機が離陸準備に入った時、空から謎の巨大立方体が現れる。
“それ”は急速に巨大化し、252人の乗った旅客機を飲み込んでしまう。
巨大立方体の名は「カド」。

 

カドより姿を現した、謎の存在・ヤハクィザシュニナは人類との接触を試みようとする。
カドに取り込まれた真道は、ヤハクィザシュニナと人類の間の仲介役を引き受けることになる。
一方、日本政府も国際交渉官の徭沙羅花(つかい・さらか)を代表として現場へ送り込む。

 

ヤハクィザシュニナとは何者か。そして彼の狙いは何か。

 

 

★TVアニメ「正解するカド」スタッフ

 

総監督:村田和也
シリーズディレクター:渡辺正樹
脚本:野﨑まど
演出:りょーちも
キャラクターデザイン:有坂あこ
プロダクションデザイン:真庭秀明
CGディレクター:加藤康弘
キャラクター・スーパーバイザー:宮本浩史
色彩設計:岩沢れい子
撮影監督:石塚恵子
グラフィックデザイン:鈴木夏希
プロデューサー:野口光一
アニメーション制作:東映アニメーション

 

 

>>公式サイト
>>公式Twitter
>>公式Instagra

 

©TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

 

★現在公開中のPVはこちら!(番組公式サイトより)